スポンサードリンク

2007年05月21日

上海空港到着

上海空港に到着したらできるだけ早く、入国審査に向かうといいでしょう。

例えば成田を10時頃出発する、ANA、JALに乗ると、12時前に上海浦東国際空港に到着します。
この時間は韓国、香港など近隣諸国の朝便が到着します。
そしてイミグレーションが込み合います。
(この方が乗り継ぎ便のアレンジに便利なため)

入国審査の順番待ちに1時間というのはよくあります。
へたをすれば、1時間半、2時間という話を聞きます。

飛行機が到着したらできるだけ早く、入国審査に向かうといいでしょう。

そのために、
1)トイレは機内ですませておく。
 飛行機から降りたら、トイレに行きたくなると思いますが、
 トイレは機内ですませておきましょう。
2)入国の審査、検疫の書類は機内で書いておきましょう。
3)飛行機は前の方に座りましょう。
 座席を予約するときにできるだけ前の方にお願いしましょう。

飛行機が到着して入国審査に向かう前に健康書類の提出があります。
いままで何も言われたことがありません。
さっさと出して入国審査に向かいましょう。

健康診査の書類を提出すると入国審査です。
列は中国人、同胞人(台湾人)、外国人に分かれています。

私が並ぶのは
隣の入国審査のカウンターがしまっているところ、
列が長いと閉まっている、入国審査のカウンターが開くことがあります。
そのときはさっと、そこに移動できるように閉まっている入国審査のカウンターの横の列にならびます。

柱があって並びにくいところ、入国審査は左側に柱があって、そのあたりは並びにくいので、列ができにくいです。
私はそこを選んで並んでいます。

■入国審査で何を聞かれる
入国審査で何を聞かれるでしょうか
私は何も聞かれたことがありません。
旅行の目的は何ですかとか
宿泊先はどこですかとか
一度も聞かれたとこがありません。
また、聞かれている人を見たことありません。

カードに記入漏れがあって、書いてといわれている人は見たことはありますが。



posted by 上海空港 at 17:55| 上海空港到着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

荷物受け取り、ロビーに

上海空港で入国審査が終わるとエスカレータがあり、荷物の受け取りです。

荷物を預けていない人はそのまま、荷物の検査になります。


上海空港の荷物の受け取りはいくつかベルトコンベアーのテーブルがありますので指定されたテーブルで受け取りましょう。

荷物を受け取るフロアーに両替所があります。
すいていたらここで両替をしてもいいでしょう。
(レート、手数料など比較はしたことはありません)
外にも両替所がありますので、混んでいたら外で両替してもいいでしょう。

次に荷物のチェックです。

大きな荷物を持っていなければ、さっさと歩いて行きましょう。
呼び止められなければ、そのまま行ってOKです。

大きな荷物を持っている人はX線に通しましょう。

さて、荷物のチェックを終わると、ロビーです。
出迎えの方、ピックアップの方と待ち合わせのある場合はよくチェックして歩いていきましょう。

たくさんの出迎えの方がいるので、迷わないように探しましょう。

ボードに名前を書いて待っていますが、私の名前ではなく、相手の名前だけ書いてあったり、それも中国語の名前だけ書いてあったり、奥のほうで待っていたり、外に行く出口の方で待っている人などいろいろなところで待っていることがありますので、ゆっくり探しましょう。

中国の携帯電話をもっていたりしておくといいですね。

出たところには両替所が2箇所ありますので、ここで両替することができます。

しかし、レートはよくなく、手数料も取られます。(しかし、両替しないとなにもできないのでしかたがありませんが)

この2つの両替所、レートが違ったりしますので、チェックして両替しましょう。

では、楽しい上海旅行を!



posted by 上海空港 at 18:14| 上海空港到着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

上海空港で人民元への両替

◆上海空港での人民元への両替


中国でなにかするには人民元が必要です。
基本的には日本円から人民元に両替する必要があります。

上海空港の到着ロビーには3箇所の両替場所があります。

1箇所は機内にあずけた荷物を受取るところ
もう2箇所は到着ロビーを出たことです。

中国上海の飛行場両替

基本的に両替手数料が50元かかります。(約800円)
レートは店毎に違っていますのでご確認下さい。

列が長い方がレートがいいようです。

基本的にはホテルや銀行の方が手数料(基本的になし)レートがいいようです。
しかし
ホテルや銀行でも両替はできますが、ホテルや銀行に行くまでの
バス代、タクシー代が必要になります。

一度両替をしたら、次回の分まで両替をしておいた方がいいでしょう。(複数訪問する場合)

ホテルでは両替するお金がないといわれることがあります。
(前日の無錫のホテルで言われました、また、他の人でも言われたという話を聞いています)
中国について一日目は買い物も、食事もできなかったという人もいるようです。

銀行はレートがいいものの、開店時間の制限があります。

このようなリスクを防止するため、中国に銀行口座を作っておく方法もあります。
HSBCの銀行口座やCiti Bankの口座を作っておくといいでしょう。

あまった人民元を日本円に再両替するときは日本円から人民元に両替したときの
レシートが必要ですので、再両替される方はレシートをなくさないようにしてください。
posted by 上海空港 at 05:17| 上海空港到着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

上海空港から市内、郊外に

■上海空港でタクシーに乗る



上海空港の到着ロビーをでたところの右側にタクシー乗り場があります。
市内なら150元、1時間ぐらいで行くでしょう。
(渋滞してなければ)
料金の目安はこのように到着ロビーに貼っています。
左右はだいたい、大よそ、約の意味です。

中国上海の飛行場

外高橋 約110元
人民広場 約130元
上海駅 約140元
虹橋飛行場 約150元
夜11時から翌日5時までは30%料金に深夜料金が加算されます。

英語は通じませんので中国語で行き先を言ってください。

中国語が苦手な方は筆談など、事前に目的地の住所、名前を書いておきましょう。

中国上海のタクシーはメーターですので、料金をぼられることは少ないでしょう。

タクシーの運転は荒いといわれますが、実際、荒い人が多いので、荒い人にあたったら、あきらめましょう。

タクシーを降りるとき、料金を支払ったら、必ず領収書(発票 ファーピャオ)をもらいましょう。

ファーピャオゲイウォー
チンゲイウォー ファーピャオ
ファーピャオ、ファーピャオ
などと言ったらくれるでしょう。

忘れ物をしたときの連絡先や
問題が発生した時のクレームの連絡など
持っていたほうがいいでしょう。
(困ったことがあったら、中国語が話せなくても、ホテルの人やガイドの人に代わって電話をしてもいましょう。)


タクシー乗り場は国内線側にもあります。(左手側になります)



■上海空港で市内バスに乗る。

12番、14番出口を出て、タクシーの通るところを突っ切って(注意してわたってね)
その先に市内バス乗り場があります。


1番 浦東空港 ―→ 虹橋空港 30元
2番 浦東空港 → 上海展覧館 19元
3番 浦東空港 → 揚子江酒店 20元
4番 浦東空港 ―→ 魯迅公園 18元
5番 浦東空港 ――→ 上海駅 18元
6番 浦東空港 ―→ 上海西駅 20元

■長距離バス乗る。

長距離バスの運賃、時刻も到着ロビーに貼っています

長距離バス料金

●杭州 100元 11:30 13:30 15:30 17:30
●嘉興 58元 
●青田
●昆山 76元 11:30 12:30 13:30 15:30 16:30 17:30 19:30
●蘇州 82元 10:50 11:50 12:50 13:50 14:50 15:50 16:50 17:50
●無錫 100元 11:20 12:20 13:20 14:20 15:20 16:20 17:20 18:20
●張家江 110元 11:40 12:40 14:40 15:40 17:40
●南京 136元
posted by 上海空港 at 18:21| 上海空港到着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

上海浦東空港とは

上海空港(上海浦東国際空港)の概要
上海浦東国際空港は上海の玄関。
上海浦東国際空港は全長4,000メートル、幅60メートルの滑走路2本を有する24時間全天候型国際空港である。
総面積40平方キロ、上海市中心部から30キロの距離にある。
中国東方航空、上海航空のハブ空港であり、国内外48の航空会社が乗り入れ、海外73都市、国内62都市を結んでいる。
浦東国際空港開港後の2002年10月以降、上海市西部に位置する上海虹橋空港は国内線専用空港として利用されている。
日本の対中ODAである上海浦東国際空港建設事業(400億円)によって建設された。(こんなことを知らない中国の方はたくさんいるでしょう)



浦東国際空港駅と浦東西部の龍陽路駅の間には営業運転世界初の磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)である上海トランスラピッドが2002年末に開通した。
2004年には正式営業を開始したが、上海旧市街に向かうには、龍陽路駅で地下鉄2号線に乗り換える必要があるため、利便性に劣る。
また、空港から上海各地にバス便もあり、タクシーでも100元から150元で上海中心部に行ける。

このためバスを利用する方が多く。バス便が発達している。

龍陽路駅のタクシーはぼったくりタクシーが多く、利用の際は注意が必要です。(利用しないのが一番)

ウキペディア参照

posted by 上海空港 at 07:51| 上海空港概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。